FC2ブログ

希望の行方36

なぜ昼間なのに真っ暗なのか。
なぜ真っ暗なのに、彼の顔が暗闇に浮き上がって見えるのか。
ゴクリとつばを飲み込んで、ル・ルーは言った。
「ねえ・・あなた、目が見えないの?」
浮き上がって見えるアンドレの右目は開かれているが、焦点が定まらないようにル・ルーの頭の上で揺らいでいる。そして左目は閉じられており、その上の傷は、ル・ルーが普段知っているアンドレのものよりも深かった。
「ああ・・何も見えないんだ・・」
抑揚のない声が答える。
「俺に分かるのは声・・と魂の匂いだけだ。ここにはオスカルはいない。いるのはお前だけだ、ル・ルー・・」
「ねえ、子供が危ないって、どういうこと?」
ル・ルーは後ずさる。
「俺たちの子供って・・誰と誰の子供なの?ねえ・・」
「俺たちだ!俺たちの子供だ!」
血に染まった軍服の男が叫ぶ。
「俺とオスカルの子供だ!あいつの腹の中にいる子供だ!俺とオスカルの子だ!」
正気ではないものが、叫び声の中に混じっている。声の主は掴みかかろうかというようにル・ルーに両手を延ばしてきた。
「ぎゃっ!」
とっさにル・ルーが横に逃れると、見えないアンドレの手は空を切り、よろめいた。恐ろしさのために近づけないル・ルーだったが、アンドレがうずくまったまま両手で顔を覆うのを見ると、胸の中にざわざわと言いしれぬものが立ち込め始めた。
「・・・ねえ、哀しいの?」
心細い子供の声で問いかけると、闇の中に半ば溶けている男の肩が震えた。
「俺は・・あいつに・・・オスカルに許されないことを・・。俺のオスカルではなかったのに・・・」
俺のオスカル、俺のオスカル・・狂ったようにそう呟き続ける。
主の不在の寝室の窓の外では、きっと庭師が丹精を込めて手入れをし、侍女が噂話を交わしながら歩き、出入りの商人が戸を叩いていて、日常の雑多な音が満ちているはずなのに、この暗闇には一切のものが響かない。ル・ルーの耳に聞こえるのは、男の嘆きだけだった。
「・・・ル・ルー、知ってる。」
ふと、腑に落ちるものがあった。
「あなたのオスカルお姉ちゃまに・・・会ったことがあるもの。あのお姉ちゃまは・・未来から来て、そして消えてしまったの・・あなたは、あのお姉ちゃまに会っていないの?」
「・・・俺は探した。探して探して探し疲れて・・ようやくここで見つけた・・・」
顔を覆ったまま、彼は言う。
「だが・・違った。あのオスカルは・・俺のオスカルではなかった・・・あいつが愛しているのは・・俺ではない俺だ。この世界の俺だ。ああ、なのに、俺は・・・俺は・・・」
どうして後悔しているのか、何を後悔しているのか、ル・ルーには恐ろしくて口に出せなかった。
ただ、何かがあったのだ。
それは・・いかにも幸せそうで光り輝いていたオスカルの姿の記憶の姿と重なり、消えていく。アンドレと視線を交わし合い、本当に嬉しそうに頬を染めていた叔母の姿は、ル・ルーにとって穢されてはいけない大事なものだった。
「オスカルお姉ちゃまをバカにしないで・・!」
とっさに言葉が小さな口をついて出た。
「お姉ちゃまは、ご自分のことはご自分でお決めになるわ。あなたもアンドレなら知っているはずよ!お姉ちゃまは、今のアンドレも昔のアンドレも未来のアンドレも、全て愛していらっしゃるわ!だから、未来のお姉ちゃまも・・ここにこられたのよ?」
未来から訪れたオスカルを、ル・ルーは思い出す。
その人は、アンドレを守ろうと心を鬼にして憎まれ役を買って出たのだ。あの人は、アンドレならば、どのアンドレでも自分の命と引き換えにしても守るだろう。
ならば、どうして今のオスカルが、未来から来たであろうこのアンドレを愛さないというのだろうか。
どうして、それが不可能なことだと気づかないのか。
「あなたもアンドレなら、しっかりしなさい!」
もし祖母や母がこの状況にいたら言うだろう叱咤を、小さなル・ルーも口にする。
「大事なお話があるから、ル・ルーを呼んだのでしょう?危ないことが起きるのでしょう?だったら、ちゃんと言って!ル・ルーが聞いてあげるから、ちゃんと教えて!」
泣き声に近い響きが闇に消えていった。
静寂が訪れる。
ツン、と耳に栓をするような重い静寂の中で、アンドレはそのまま動きをとめた。このまま消えてしまうのかとル・ルーが不安に思った次の瞬間、彼は再び肩を震わせた。
「・・・はは、ははは・・・」
笑い声であった。
なんと、彼は笑っていた。
うずくまっていた上体を起こし、顔を上げると笑い声をあげ続ける。
「アンドレ・・?」
あっけにとられたが、不思議にル・ルーは恐ろしさを感じない。
その笑い声の中に感じたが・・・生気だったから。
「ル・ルー・・・その通りだ・・その通りだよ・・・俺は長い間オスカルを探し求めて、自分を見失っていた・・・こんな姿になって・・体を失ってまで・・俺は何を・・・・」
アンドレ笑い声はやがて止み、彼はすっと立ち上がった。
「・・・俺は狂っているのか、まだ正気が残っているのか・・・分からない。まだ人間なのか、それとも、とっくに別のものになり果てたのかすら・・・分からない・・・」
闇の中に身体が呑み込まれようし、また現れる。
「ル・ルー・・・オスカルは・・子供を宿している・・」
驚くル・ルーに、彼はさらに告げる。身体はどんどんと透けていく。
「だが子供の魂が・・この世でない世界に向かっている・・俺が迷い込んだこちらに近づいてきているのを感じるんだ・・もうすぐこちらにやってくる・・・」
苦痛が透けていく顔に浮かぶ。
「助けてくれ、頼む・・・」
「待って!」
慌ててル・ルーは大声を出す。そうすれば、消えていく姿を押しとどめられるような気がしたのだ。
「アンドレが、パリに、お姉ちゃまのもとに向かうの!まだ出発していないかもしれないわ、直ぐに連れてくるから、お願い、まだ消えないで!」
だが、彼は力なく首を振る。
「・・・もう、その力はない。もともと命など当の昔に失っている俺だ・・こうして存在していることさえ、神の裁きかもしれない・・触れることさえ許されぬ女性を愛してしまったのだから・・・この正気さえ、いつまで保てるかも分からない・・・」
「アンドレ・・?」
「それに・・・奴は俺を憎んでいる・・・自業自得だ・・・」
自嘲なのか、うっすらとした笑みを浮かべると彼はそのまま闇に消えていった。
「・・・頼む・・・すぐに助けてくれ・・・オスカルを・・・子供を・・・」
「待ってってば!」
追いかけるように延ばしたル・ルーの手は、何も掴めなかった。
「アンドレ!」
急に視界が明るくなった。
窓からの光が叔母の寝室を照らし、ル・ルーの顔にも照り付けている。
窓はカーテンで塞がれておらず、外からは侍女たちの笑い声と馬のひずめの音、そして馬車の車輪が砂利を踏む音が届いてきた。
「やだ、待って!」
ル・ルーは部屋を飛び出す。
馬車を走らせているのは、パリに向かうアンドレなのだろう。
「待って、アンドレ!」
息を切らしながら、ル・ルーは走った。髪が激しく揺れる。
だが、車輪の音は遠ざかって行った。
外に飛び出したル・ルーが見たのは、もう追い付けないほど遠くに巻きあがる砂埃だけだった。
照り付ける太陽に白く光り、叫びもそこには届かなかった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

またまた,お久しぶりです(^^)

5月も下旬に入り,もうそろそろかなあ~と,アップを楽しみに「希望の行方」を1から読み返しておりましたところ,5月の投稿数が「2」になっているではありませんか! お忙しい中,36話のアップ,ありがとうございました。

以前のコメントで今回はル・ルーのお話だということでしたし,また,流れから言って「幽霊アンドレ」との対峙の回になるのだろうと思われましたので,一応の覚悟はしておりましたが…。いやはや,しんどいですね。もし,万が一,赤ちゃんが大変なことになっちゃった時に,ショックと共にとことん自分を責め苛んでしまうであろうオスカルさまにお会いするのは(=読むのは),正直,つらいです…。ど,どうにか,ならんかなあ…(ここのところの私のコメント,いつもこのパターンですね。…でも,やっぱり言いたい…アンドレ,ル・ルー,ロザリー,がんばってくれーーー。涙)

ここ2,3日,今シリーズを読み返してみて(今,読んでいるのは,まだ面会日のところですが…),あらためて,平民のアンドレを夫と定め,その子どもを宿したオスカルさまの苦悩や逡巡がひしひしと伝わってきました。原作では,貴族と平民の間に横たわる身分の壁の下で苦しむのは,もっぱらアンドレでしたけどね。また,身分の壁とは必ずしも重ならない極貧層と新興ブルジョワの間の貧富の格差も,きっとこれから展開されるディアンヌのお話の中で浮かび上がってくるのでしょう。ああ,だんだんkakonokaoriさんのお話の中に,フランス革命の足音が聞こえて来始めましたね。今後のお話の中で,オスカル様の苦しみがどう展開していくのか,楽しみなような,恐ろしいような…。

ところで… 「幽霊アンドレ」とはえらいリアルな表現ですね(笑)。確かに,「ひゅ~,どろどろ」感,満載だけど。でも,このアンドレが幽霊ということは,未来のオスカルさまも「幽霊オスカル」???

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さすがル・ルー! いざという時にやってくれますね。でも、一足遅かった…。あー、オスカルの子どもは大丈夫なのでしょうか…。とっても心配です。

未来から来たアンドレ、目も見えないし、死んでからもオスカル探して彷徨い続けて疲れきっていて、なんか、いたたまれませんね。

現実の方で、運命が変わるといいなぁ。

更新ありがとうございます。腹をくくって、覚悟を決めて、ついて行きます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぶうとん様

お久しぶりです!

おっ、またシリーズの読み返しを?
む、矛盾点なんて出てきてませんか・・??(ちょっと狼狽え)

二回目のコメントも読みました。
答えは「全然、お気になさらないでください!」です。

ぶうとん様含め皆さま、当サイトを楽しみにして頂いているのは、すっごく分かっています。展開の予想をしたり、こうだったらいいなと思って頂けるなんて、光栄の至りです。むしろそれ無くして、どうしてここまで続けられたでしょうか?いや、続けられたはずがない!
(私もSMの気が多少・・・)

今回のストーリーは、私もさすがに気が重いのです。
お読み頂いている方に不快な思いをさせてしまったらどうしよう・・と思う部分があります。
ですが、ちゃんと最後に救いがあるので、よければお付き合いくださいまし。

ところで、「幽霊オスカル」ですか!
幽霊どころか、オスカルもアンドレも乗り移っているので、これじゃあ・・
エ、エクソシスト・・の世界・・・???

くろ・・様

コメントありがとうございます!
最近、ゲリラ豪雨のように突然更新するのに、よくぞ発見して頂いております。
それだけで十分です。

今回、特に何も考えずに更新したのですが、後で読み返すと確かに重いですね・・
幽霊アンドレ、よくしゃべってるし。

ここから少し辛い部分が続きますが、ラストには幸福が待っている・・かもしれませんので、長い目でお付き合い、いや、耐えて下さい!(ラストはこの希望の行方かもしれないし、本当のラストかもしれないですが・・)

では、また!
次回、誰目線かまだ未定!

No title

恐ろしいような、哀れなような。

狂ったような、まだ正気のような・・・

冥界と現世(過去だけど)を行き来できるアンドレにも

残された時間は短いのかも。

なんだか・・・小さな命は父である幽霊アンドレが

あちらに連れ帰ってしまうのかなと・・・( ;∀;)

そんな気がしてなりません

ああ…切ない(*ノωノ)

でもでも、更新ありがとうございます!

耐性もついてきて、心の準備も(?)しています!

もちろん、ついて行きますとも!!(^^)!

す・・・様

絶叫コメント、ありがとうございます!!!

アンドレの馬車にル・ルーが追いつけなかった、結構大きな事実かもしれませんね。
しかし、ちゃんと救いはあるはずなので長い目で応援お願いします。
(こればっかり繰り返している気がしますが、ネタバレになるためこれ以上言えなくて・・苦苦苦)

ラブラブですか。
いずれ・・お楽しみに!

このサイトとしましては、今の展開が王道なので、しばらく我慢してくださいね。

では、また!

mars様

そうなんです、一足遅かったのです。
それがどう影響するかは・・今後に続きます。

アンドレはこっちもあっちも本当に気の毒です。
(当サイトの趣味で)

ですが、最後の最後に一番幸せになるかも、かも、しれません。
(はっきりしないのも、当サイトの趣味です)

腹くくって、ついてきて下さいね!

あんぴか様

う~ん、その予想については、う~ん、今後をお楽しみに!
(はぐらかしたところが怪しいとお思い下さい)

未来のオスカルは希望を与えられて消えていったのですが、未来のアンドレはどうでしょうね。
そこのところに、これから起きる革命にオスカルがどう立ち向かうかが、かかっております。

ついてきて下さいね!

ル・ルーちゃんの言葉に痺れました!
重い回でしたが、ル・ルーちゃんの存在に希望を感じた回でもありました。
狂気の中で苦しんでいる未来のアンドレの心も、その言葉にきっと少し救われたのではないかと思います。
今後は現代のオスカルも、それ以上にアンドレも苦しむことになりそうですが、ル・ルーちゃんの存在が救いの一端になる事を願ってます。
身分の差に苦しんだオスカルが、身分を乗り越えるために戦う姿を期待しています!

J様

コメントありがとうございます。

やはり重い回ですよね・・
これからいろいろなことが起きますが、簡単な解決策はなさそうです。
どうなるんでしょうね。

登場人物全員が戦うことになるでしょうねえ・・
応援よろしくお願いします!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポ・・様

お待たせしました!

今回は重かったですが、これからもっとどんどんと重くなっていきますよ~
アンドレもさらに苦悩いたします。
しかし思えば、原作でもディアンヌの死とか悲惨ですものね。
そして一夜のあと、アンドレが死ぬなんて、哀しい以外ないです。

それを考えたら、ちょっとマシだと考えて頂ければ・・

では、また気力のあるときに続きをお届けします。
お待ちください!
プロフィール

kakonokaori

Author:kakonokaori
「ベルサイユのばら」の二次創作です。個人的な楽しみで執筆しております。原作関係者の方々よりクレームを受けた際には、中止します。お目汚しではございますが、お好きな方はご訪問下さいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ